2013年3月11日月曜日

Vol.7 貴様いつまで女子でいるつもりだ問題


2010年に宝島社が発刊した『GLOW』という女性誌は

「40代女子、万歳!」というセンセーショナルなコピーでデビューしました。

それに眉をひそめる人、よくぞ言ってくれたとスタンディングオベーションをする人、

さまざまな反応がありましたが、当時私はこれを見て板垣退助を思い出しました。

板垣死すとも自由は死せず! 加齢すれども女子魂は死せず!

これがのちの女子民権運動である。

嘘です。

とにかく、属性を越えた気分や雰囲気を誌面に具現化し、

読者の気持ちを承認するのが、宝島社は本当に得意な出版社だなと感服しました。